Pocket

こんにちは。今日も主婦してます。

 

今日も暑いですね。夏バテしてませんか?

さて、2017年の土用の丑の日はご存知ですか?

 

2017年の土用の丑の日は

2017年7月25日(火)・8月6日(日)の2回となっています!

 

スーパーの店頭には、「土用の丑の日」のキャッチコピーと共に、

うなぎがずらりと並んでますね。

もはや夏のイベントです!

うなぎは夏バテ効果があると言われています。

「土用の丑の日にはうなぎを食べるといい」と、

古くから言われてますね。

うなぎは高価なので、我が家で普段登場することはありません。(笑)

丑の日にあやかってうなぎを食べたいと思いま~す!!(*^^)v

 

コラーゲンの多さにも注目です!!

美味しいうなぎを食べて美容効果まで…!(^^)!

俄然、食べたくなってきました!(笑)

 

甘辛いタレで焼いたうなぎの蒲焼ご飯最高ですよね!

でも、今日はうなぎのちらし寿司を作りたいと思います~(笑)

 

まずは錦糸卵を作っていきます!

スポンサードリンク



材料はこちら!!

・たまご     1個

・さとう     5g

 

道具は

・お皿      大きめ1枚

・ラップ     お皿を覆うくらい

それではつくっていきま~す!

 

1.お皿にラップをピーンとはります。

↓↓↓こんな感じです。

 

2.たまご1個にさとうを加えます。

・よく混ぜます。

3.ラップの上にたまご液を広げます。

4.500Wで1分加熱して、様子をみて、全体に火が通るまで加熱してください。

5.全体に火が通ったらOK!

・粗熱が取れたら、ラップからぺろぺろとはがします。

・くるくるを丸めて細く切っていきます。

↓↓↓こんな感じです。

↓↓↓錦糸卵の完成です~\(^o^)/

 

うなぎにとりかかります!

材料はこちら!!

・うなぎ         1尾

・ご飯          人数分

・ちらし寿司の素(市販) 1袋

・ねぎ          少々

・白ごま         少々

それではつくっていきま~す!

 

↓↓↓スーパーで買ってきました!

なんだかテンション上がっちゃいます(笑)

1.うなぎをカットしていきます。(お好みの大きさでOKです!)

↑↑↑こんな感じです。

 

2.ちらし寿司を作っていきます!

・今回は市販のちらし寿司の素を使っていきます。

(楽させてもいました。)

・ボールにご飯を入れ、ちらし寿司の素をかけて混ぜておきます。

↓↓↓これで完成です~(^^♪

 

盛り付けをしていきましょう~

1.お皿にちらし寿司を盛りつけます。

2.その上に錦糸卵をのせます。

3.うなぎをのせます。(好きなだけ(笑))

4.白ごまを少々ふります。

5.その上にネギを少々のせます。

 

↓↓↓完成しました~!!

うなぎのちらし寿司です~( ˘ω˘ )♪

いい感じですっ!!

 

・息子たち用はこちら!!

↓↓↓錦糸卵増量の、うなぎ半量です。

美味しいと完食してくれました~(^_-)-☆

 

↓↓↓こんな感じでサラダを添えてみたり…

(たまたまあったので乗せてみました(笑))

↓↓↓それに更に、ハムを足してみたり…

(こちらもたまたま(笑))

ちらし寿司ベースなのでなにをのせても合いそうです。

 

我が家はうなぎ、、、、、食べました!!

これで今年は夏バテ知らずです(笑)

 

「土用の丑の日にうなぎを食べる!」←この風習のおかげで、

大好きな大好きなうなぎが食べられました(笑)

ありがとうです(笑)

 

暑い中、うなぎ屋さんの前の行列を見ると、

今年もうなぎの季節だな~と思います。

疲労回復に効くビタミン類や、エネルギー源、身体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

みなさんもうなぎを食べてスタミナをつけて、この暑い夏を乗り切りましょう。

 

↓↓↓残りのうなぎはタレに漬け込み中です!(^^)!

まだまだ楽しめそうです!

 

うなぎのほかのレシピも紹介しているので、もしよかったら参考にしてください~!

うなぎのたれが余った時の活用法!子供も喜ぶうなぎのたれアレンジ!

 

うなぎの温め方からタレ作りまでフライパン一つでうなぎ丼!土用の丑の由来も併せて紹介!

スポンサードリンク



何かわからない事や、共感できることがあれば、ぜひコメント下さい~!!