Pocket

生きるのに【食】は欠かせないものです!

それだけに「食べること」「当たり前」になり、大事な食生活を何気なく送っている人も

多いのではないでしょうか?

 

しかし、食を見直すことによって運が舞い込んでくるかもしれません!(^^)!

毎日の何気ない【食】を見直して、開運する食生活を始めましょう♪

 

運食生活とは?


「運ぶ」と書いて「運(うん)」とも読みますが、これは「ご縁」を運ぶことを意味します!

つまり「開運」とは、自分にとって必要なご縁が開けるということです(*^^*)

 

人は誰でも無数のご縁につながっています!

どこかで必ず誰かに支えられています!

 

しかし、それが当たり前のように感じてしまい、そのご縁のありがたみを感じられなくなっています…。

 

どうしたらご縁を感じることが出来るのか…。

それはたった1杯のご飯からでも可能です!

 

そのご飯1杯の背景を考えたことがありますか?

お米を育てた人…、運んだ人…、炊いた人…、

たくさんの人が関わって、やっと食卓にお米が届きます(^^♪

 

開運食生活とは、当たり前に食べる毎日のご飯から、ご縁のつながりを感じて、

運を切り開くということです♪

 

スポンサードリンク




今日から実践!食べ方を変えてみる!

naokyanさん(@naomikyan)がシェアした投稿


食生活というと料理の仕方をイメージしがちですが、

食べ方を少し変えるだけでも運気が変わるものなのです!

 

「料理をする時間がない」、「コンビニ弁当ばかり食べている」人も、

簡単に実践できるので、今日から食べ方を見直してみましょう!

 

その1:「いただきます」「ご馳走様」を言う!

S_117さん(@shigeeeeeen)がシェアした投稿


古くから日本では、食事は「命をいただき、自分の命にする神業である」とされています!

食事の前には必ず手を合わせて「いただきます」と言って食べます♪

食べ終わったら「ごちそうさま」と声に出していってみましょう!(^^)!

 

自分が多くの命に生かされていることに感謝しましょう1

 

その2:キレイにゆっくり食べてみる!

yuiさん(@yuichangmin)がシェアした投稿


さっき食べたご飯の味を覚えていますか?

もしあまり思い出せないのであれば、早食いが習慣になっているのかもしれません…。

食事はじっくりとよく噛んで味わって食べましょう(^_-)-☆

 

キレイに食べることを意識することで、おのずと所作も整ってきます♪

 

その3:食べることに集中する!


食事以外のところへ意識がいってしまうと、「胃袋にただ食べ物が入った」という感覚だけになり、

心身ともに満足できる食事にはなりません((+_+))

 

その結果、「もっと味に刺激を求めたり」「量を求めたり」するようになります…。

食事しながらニュースなどのネガティブな情報を受け取ると、

食事と一緒に身体に吸収されてしまいます!

 

食事中のテレビやスマホは見ないようにし、ゆっくり味わうことに専念しましょう♪

 

その4:食べ物が持つ「ひかり」を食べる!


食べ物を「単なる栄養摂取のため」「お腹を満たすため」と機械的に食べてはいませんか?

食事はただの「物質」ではなく、「ひかり」だと思って口にしてみて♪

この意識を持つことで心からの満足感を得られます!

 

逆にどんなにいい料理でも「ひかりを受け取ろう」という意識がないと、

食べ物のエネルギーを受け取ることはできません(;´・ω・)

 

その5:おしゃべりに夢中にならない!


家族や友人との食事は楽しいですが、おしゃべりに夢中になっていると、

料理が冷めるのはもちろん、食べ物のエネルギーも受け取れません!

 

1人で食事をするときでも。食事としっかり向き合う時間を持ちましょう♪

そおすればおのずと、心も満たされるようになります!

 

その6:食わず嫌いをせず食べてみる!


食事は「人の生き方」や、「人間関係」「生活習慣」などを映すのようなものです!

食べ物の食わず嫌いが激しい人は、「偏見が強いタイプ」で、人に対し合う合わないを

思い込みで決めがちです!

 

そんな人はまず食の好みを見直しましょう♪

苦手な食べ物は自分の悩みとの共通点があるかもしれません。

 

とりあえず、出されたものは食べてみて!!

その美味しさに気づけたとき、運を呼んでいます!

 

スポンサードリンク




より味わうための食卓作り!

 

chiesさん(@chieschies)がシェアした投稿

食べ方の意識を変えたら、次は食べるための「場」を変えていきましょう!

場をきちんと「ととのえ」れば、食事の時間が楽しみになるような食卓ができます♪

 

出来ることから少しずつ実践してみましょう(*^^*)

食事を三段階で「ととのえ」る!


理想的な食卓を作るには、三つの「ととのえる」が大事です!

食卓を特別な場所と見立てることで、料理も特別なものになるのです♪

 

斉(ととの)える!

manaさん(@i_maana)がシェアした投稿


この斉(ととの)えるは普段はあまりなじみがないかもしれません!

この「斉」は、「本来あるべき状態にする」「こころと体の魂のバランスをとる」という意味です!

 

・自分の食卓のあるべき姿はどんな状態だとおもいますか?

・自分の食卓がどんな食卓だったら嬉しいですか?

・そうじや食事の準備を何も考えずにやっていませんか?

 

機械的に作業をこなすのではなく、「ここで食事をする人が元気になってほしい」など、

食べる人幸せになるようなイメージをしてみてください。

思いを込めて場を作ることで、空間と自分が調和する感覚を味わえるでしょう(*^^*)

 

調(ととの)える!

minakoさん(@nakaishi375)がシェアした投稿


いくらキレイでも、すぐに食事が始められる食卓ではなくては意味がありません!

「調達」という言葉にもあるように、「調える」は必要なものをそろえる、という意味があります。

 

食器は出しやすい場所にありますか?

・料理に合わせて必要なものを置けていますか?

・食器や調味料はてにとりやすい位置に置けていますか?

 

食前に、必要な食器、調味料などを手に取りやすい位置に置いて、

食事中に席を立つことがないようにするのが理想的です(*^^*)

 

ただし、楽だからといって不要なものまで出しっぱなしにするのは避けて!

 

整(ととの)える!


食卓を理想的な環境にするためにもっとも基本となるのが「整える」ことです!

「整」とは、乱れたものを正すことを指します!

 

・食卓の上が調味料で散らかっていませんか?

・食卓に食事と関係ないものを置いていませんか?

・食卓が食べかすや飲み物で汚れていませんか?

 

まず、食卓の上を片付けて、しっかりと水ぶきをします!

作業する机と食事をする机を一緒にしている人は、

食べるときだけでも、食事に関係ないものを視界に入らない場所へ移動させましょう!

食卓を美しくしてこそ、しっかり食事に集中しましょう!(^^)!

 

感想

いかがでしょうか?

普段、何気ない食卓ですが、少し変えてみるだけで

「食事の時間が、特別な時間」になるかもしれません!!

 

せっかくなら美味しく食べて幸せになりたくないですか?

いい環境でいい食事をして、開運しましょう(´∀`*)ウフフ

スポンサードリンク