Pocket

今日も主婦してます♪最近、パン屋さん巡りにどハマりしまして…(笑)

今までは気になっていても入ることすらしないで、ずっと気になっていたパン屋さんが何件かあって、

旦那さんが「入ってみれば良いやん」と言って一緒に入店したのをきっかけに、バーっと回りました(笑)

 

「パン屋さん」って、幸せな匂いでついつい買いすぎてしまう…

せっかく来たし、いろんなパンを食べてみたいし、珍しいパンやおススメは押さえておきたいし…♪

で、気づけば絶対に食べきれない量になっています(笑)

 

そこで、食べきれなかった分のパンの保存方法について、ご紹介します!

この方法なら買いたてのように復活して、美味しく食べられます。さっそく見ていきましょう(*^_^*)

スポンサードリンク



冷蔵より、断然冷凍保存がおすすめ!パンは冷凍保存でおいしさUP!解凍方法や保存期間もご紹介!

食パンに限らず、パンの味は焼きたてに限りますが、今回のように食べきれなかった場合の保存方法です!

長期にわたって保存するなら、解凍する手間もかからない冷蔵保存が良いのでは?と考えていませんか?

しかしそれは間違いです。冷蔵庫での保存はおすすめできません。

 

パンの保存方法で、なんとなく冷蔵庫に入れているあなた…すぐにやめてください!

思わず買いすぎた!なんてときは迷わず「冷凍保存」をしましょう。

 

冷蔵庫に入れていてもカビの発生そのものは止められません。冷蔵庫内の温度であればカビの発生は遅れますが、

直接触ったりして、カビの胞子が付着していればカビは発生します。「冷蔵庫に入れておけば安心」ということはないのです。

 

さらに、冷蔵庫に入れてしまうとパンに含まれるでんぷんやグルテンなどの劣化が進み、パサパサになり風味も落ちてしまいます。

パンの主成分であるデンプンが最も老化しやすいのは0℃付近なのですあ、冷蔵室の温度帯は3~5℃。

 

なので、パンは冷蔵保存には向いていないです。

翌日までなら常温保存

パンは冷凍保存でおいしさUP!解凍方法や保存期間もご紹介!

食べきれなかったパン…どうしますか?「常温?」「それとも冷蔵庫や冷凍庫で保存?」

間違った保存をしていると、美味しいパンが残念なことになってします!

 

食べきれなかったパンを保存する場合は、当日や翌日までに食べるのであれば密閉した状態での常温保存をおすすめします。

この際に重要なことは、密閉するということと、できるだけ手で直に触らないことです。

 

密閉することで雑菌がパンに付くことを防ぎ、また、直に触れなければ手に潜んでいる雑菌がパンに付くこともありません。

ただし、時期によってはかなりの注意が必要です!

特にカビが繁殖しやすい20~30℃の気温かつ湿度が高くなる梅雨の時期、暑さが残り長雨も続くは注意です。

 

特に気を付けなければパンは「食パン」です!食パンは水分量が他のパンよりも高く、カビが生えやすいといわれています。

季節によっては翌日中に食べきりましょう。

 

冷凍保存とは、どんなやり方なのか、見ていきましょう!

冷凍保存のやり方は?

パンは冷凍保存でおいしさUP!解凍方法や保存期間もご紹介!

冷凍保存のやり方はとても簡単です♪

  1. 1枚ずつサランラップでぴったりと包みます。
  2. ジップロックなど、密封性のあるフリーザーバッグに入れ、なるべく空気を抜いて閉めて冷凍庫へ。

たったこれだけです!

 

パンを冷凍するときは、少々面倒かもしれませんが、一枚ずつしっかりラップをして、その上で密閉できる袋に入れましょう。

その方が、乾燥を確実に防げて、1つづつパンを取り出しやいので、手間ですが後で楽です♪

 

冷凍保存してからの保存期間について見ていきましょう!

冷凍パンの賞味期限は?

パンは冷凍保存でおいしさUP!解凍方法や保存期間もご紹介!

冷凍保存すれば長期間の保存が可能とはいうものの、冷凍された食品にも賞味期限はあります。

冷凍したから安心という訳ではなく、できるだけ早く解凍して食べきりましょう!

 

冷凍庫内では徐々に乾燥が進みます。長期間の保存により、いわゆる「冷凍焼け」を起こしてしまうのです。

一度の冷凍焼けしてしまったパンは乾燥が進んでいるため、解凍しても元通り、というわけにはいきません。

 

パンの種類や素材によっても差がありますが、冷凍前の風味や食感のまま解凍できる期限は、おおよそ1ヶ月程度と考えておくと良いでしょう。

それ以上冷凍保存を続けると、風味が変わってしまうことがあるため注意してください。

冷凍パンの解凍・加熱方法!

パンは冷凍保存でおいしさUP!解凍方法や保存期間もご紹介!

冷凍パンの解凍方法についてですが、冷凍パンを食べるときは、凍ったままトースターで温めましょう。

凍ったまま焼くことで、パンの水分が逃げずにおいしく食べられます。

 

焼く時間の目安も、いつもと同じくらいで大丈夫です。

 

ジャムトーストやピザトーストにする場合も、冷凍してあるパンにそのまま塗って焼けばOKです!

表面はさくっと中はふんわり仕上がるそうです。

スポンサードリンク



パンの冷凍保存のネット上の反応!パンは冷凍保存でおいしさUP!解凍方法や保存期間もご紹介!

感想

パンは冷凍保存でおいしさUP!解凍方法や保存期間もご紹介!

いかがでしたでしょうか?パンの冷凍保存方法や、解凍方法、保存期間についてまとめてみました!

 

パン好きな私にとって、ついパンは買いすぎてしまうし、でも食べきれないし…困ったものです(笑)

冷凍保存をすることで、焼きたてパンのように復活を果たし、長く楽しめるのなら、今後は気兼ねなくパンを買い占めることが出来そうです(^^)v

 

今まではポンっと冷蔵庫に入れていましたが、食べきれないと判断した時点で水分が飛ぶ前にすぐ冷凍保存するようにしようと思いました!

 

解凍方法も特に特別なことはなく、簡単に復活するのでいい感じです♪

せっかくの美味しいパンを劣化させない為にも、正しい保存方法・解凍方法で美味しく食べたいです(^^♪

 

パン好きなあなた、一緒に実践しましょう!

【おススメ記事!】

フードシェアリングとは?実施店舗、通販はこちら!

スポンサードリンク